2020年 10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31
今日
[BOARDLIST_5_150_/images/250/leftdot.gif]
 
お知らせ

2019/04/15

血管をしなやかに!

「人間は動脈とともに老いる」という昔からの格言があるように、動脈の機能は人間の寿命に大きく関わっています。
年とともに動脈は硬くなり、弾性の低下が認められています。
それは動脈の弾性やしなやかさを担っているエラスチンが減少するからです。
そこで下図の臨床試験に示すように、エラスチンを摂取すると大動脈及び上腕動脈の硬化が予防される結果が得られています。

すなわち、心臓に近い大動脈及び心臓から遠く離れた上腕動脈(右図参照)のいずれもエラスチンを摂取すると動脈壁のしなやかさが保たれることがわかります。




   +値は動脈が硬いことを、−値は柔らかいことを示しています。

岡元「Food Style21」(2018)より引用


右図のイメージは血管をホースに例えた画像です。左側がしなやかな血管、右側が硬くなっている血管を表しています。

367view

次へ リストを見る
 

ページトップへ